2018年TOLAP’ラウンド


イベント詳細



主催:TOLAP’

リザルト

PDF版はこちら

当日のタイムスケジュール

PDF版はこちら

当日のコース図

エントラントリスト

PDF版はこちら

 

告知ポスター

特別規則書

PDF版はこちら

2018 G6ジムカーナトラップ・ラウンド規則書

〔主催者〕株式会社トラップ

〔主催責任者〕門田 茂(株式会社トラップ代表)

〔開催日〕平成30年7月8日(日)

〔開催場所〕イオックスアローザスキー場 駐車場 (〒939-1681 富山県南砺市アローザ村 TEL 0763-55-1326)

 

〔イベントの告知方法〕
・各ショップホームページ及びG6ホームページ、FaceBook、雑誌等で事前告知及び結果の掲載を行います。
・開催前にコース図をG6公式ホームページ、Facebookにて事前掲載をします。

〔イベント中止の告知方法〕
・天災等により当日競技会会場当該地区にて競技運営に支障が有るような各種警報が発令された場合は競技を中止する場合が有る。
・中止の発表は前日正午までにG6ジムカーナシリーズHP及び主催ショップHPにて発表する。
・中止の場合の参加費の返還方法は主催ショップ判断に任せる。
(各主催会場費及び前日までの準備費等により返金金額が異なる事もある)

〔参加費〕
¥9,000/1名(入場料及び消費税含む)
*初参加者¥8,000(過去にG6ジムカーナシリーズへ参加経験が無い者)
*学割料金 ¥8000/1名 初参加¥7000/1
 (25歳以下の方で、学生限定です。イベント当日受付時に学生証を確認します。)

〔参加申込期間〕
平成30年6月8日(金) ~ 平成30年7月1日(日) 参加料必着とします。

〔参加申込方法〕
原則として、G6ホームページからのエントリーのみとします。
ホームページからの申し込みができない場合は、各主催ショップへご連絡していただければ、対応いたします。
参加費用の送金方法は、各主催者へ「銀行振り込み」・「持参」・「現金書留による郵送」とします。
参加費の入金が確認できた時点で、正式受理となります。

書留送付先 :〒921-8805 石川県野々市市稲荷2-75 ㈱トラップ

TEL 076-294-3641 FAX 076-294-3741

E‐mail factory@tolap.jp

振込先 :金沢信用金庫 野々市支店 普通 450816  口座名義 ㈱トラップ

・受理書の発送はいたしません。
・正式受理後には参加費の返還はいたしません。

締切り前でもエントラントの都合によるキャンセルは参加費を返金しません。
「ご注意」
参加フォームに記載ミスや不備がありますと、受理できない場合がありますので、
参加フォームの記入欄には、必要事項を漏れなく正確にご記入下さい。
なお、記入上で不明な点はG6事務局又は各主催者にお問い合わせ下さい。

「参加車名について」

参加車両名は「通称名」でご記入下さい。
例:「今日も元気だ!頑張るぞロードスターロードスター

〔募集参加台数〕
・各主催者により会場その他を考慮して参加台数制限を設けます。
(参加申込期間内でも募集台数に達した時点で受付を終了し申し込み順で受理します。)
・フェスティバルは参加資格に制限があります。
・同一車両でトリプルエントリー(3名)まで受け付けます。
・複数エントリーの場合の出走順希望は申し出て下さい。

〔参加資格〕
・当日有効な自動車運転免許証(普通車以上)を所持している方。
(G6ジムカーナフェスティバル2018への参加は2018年のG6ジムカーナシリーズ各ショップラウンドへの参加実績(未出走を含む)、および、2018年の沖縄エキサイティングジムカーナシリーズ参加実績が必要です。)

〔参加車両〕
・ナンバー付車両に限ります。
・参加車両は全クラス陸運局へ直接車両を持込んでも車検に合格する車両状態で有る事。
(走行時シート等の取外しは不可)
・過給機付車両(ターボ・スパーチャージャー等)の排気量は係数1.7倍とします。(後付も含みます。)
・オープンカーのロールバー装着は任意とします。ただし、ヘルメットはフルフェイスのものを推奨します(同乗者含む)。
・3点式以上のシートベルト、ヘルメット(耳を覆っている物)、グローブ、長袖、長ズボン、(サンダル禁止)を義務付けといたします。
(同乗者も同様とします。)
・乗員側の窓は全閉して走行して下さい。

〔参加クラス区分〕

Sタイヤクラス
①S2WD:排気量に関係無く2輪駆動(1本でもSタイヤを装着した車両)
②S4WD:排気量に関係無く4輪駆動(1本でもSタイヤを装着した車両)

レギュラータイヤ14クラス
①FF1:1000ccを超え1500cc以下の前輪駆動車
②FF2:1500ccを超え1600cc以下の前輪駆動車
③FF3:1600ccを超える前輪駆動車
④FR1:1900cc以下の後輪駆動車
⑤FR2:1900ccを超え2000ccまでの後輪駆動車(ホンダS2000を省く)
⑥FR3:2000㏄を超える後輪駆動車(ホンダS2000を含む)
⑦4WD1:ホイール径に関係なくタイヤ幅225まで装着の4輪駆動車
⑧4WD2:ホイール径に関係なくタイヤ幅235以上装着の4輪駆動車
⑨K1:過給機無しの軽自動車及び1000cc以下の車両(全ての駆動方式を含みます。)
⑩K2:過給機付きの軽自動車(全ての駆動方式を含みます。ストーリアクロス4を含む)
⑪L  :レディース(全ての駆動方式を含みます。)
⑫AT :オートマチックミッション車(AT限定免許にて許可された車両・全ての駆動方式を含みます。)
⑬EH:電気モーターを駆動及びアシストに使う車両(全ての駆動方式を含みます。)

※全クラス参加車両の排気音量は103dB以下とする。
(上記基準を越える車両の参加はお断りいたします。)
(参加車両の事前音量測定はしません、イベント当日に主催ショップが任意で測定し当事者へお伝えします)

「Sタイヤの定義」
・ブリヂストン:520S、540S、55S、11S、05D、06D、07D11A2.0、11A3.0、11A4.0、11A for GYMKHANA、12D 
・ダンロップ:93J、98J、01J、RSV98、02G、03Gβ02、ZII☆α 、ZII☆α02 、β03 
・ヨコハマ:021、032、038、039、048、049、050、052、08B 
・トーヨー:FM9R、08R、881、888、888R
・接地面に縦溝のみのタイヤ(国内・外問わず)
※「ラリータイヤ」、「エイボン他の海外メーカー製のSタイプタイヤ」、
その他上記に類似するタイヤ及びG6運営委員会の指定したタイヤも「Sタイヤ」とします。

〔イベント走行方法〕
・ゼッケン順走行とします。(スタート時間にスタートラインに付けない場合には走行出来ません。)
・原則としてパドック誘導は行いません。
・慣熟走行を含む3トライとします。(フェスティバルは2トライです。)
(悪天候等の不慮の事態によりトライ数が減る場合があります。)
・参加者同士及び同行者の同乗走行は認めますが、参加者以外の同乗希望者は申し込み時に誓約書を提出してください。

〔タイム計測方法〕
スタートラインを横切った時からゴールラインを横切った時までを光電管又はストップウオッチを使用して1/100秒以上で計測します。

〔ペナルティー規定〕
パイロンタッチは移動確認した場合に限り+3秒加算とします。
・脱輪判断は完全にタイヤが落ちたときとします。
・脱輪は1輪に付き+5秒加算します。
・同時2輪脱輪はミスコース扱いとします。
・赤旗を提示されない限り、ミスコース後の走行も可能です。

〔信号旗〕
・黄旗:パイロンタッチ
・黒旗:ミスコース
・赤旗:危険がありますので、その場で停車して下さい。
(オフィシャルの指示に従って下さい。)

〔順位の決定〕
・正式計測2トライの内のベストタイムで順位をつけます。
・ベストタイムが同一の者が複数の場合には以下により順位を決定します。
セカンドタイムが良好な者を上位とします。
年齢の若い者を上位とします。

〔賞典〕
・各クラスの上位3名にはG6特製の勝利者ステッカーを授与します。
・参加申込者全員に「G6ジムカーナフェスティバル」で有効な抽選券を各戦につき1枚を進呈します。

〔抽選券〕
抽選券はG6ジムカーナフェスティバル当日に抽選券受付窓口にて参加実績(不出走も含む)
応じた枚数を発行いたします。
なお、抽選券の発券対象はフェスティバル参加者に限りますが、参加募集者数がオーバーし不受理者が
発生した場合には事前に事務局に申し出た方には、現地にて参加者と同様に抽選券を発券いたします。
当日協力して頂いたオフィシャルにも参加者と同様に抽選券を発券いたします。
*シリーズ各ショップラウンドのオフィシャルにも参加者同様に各一枚発券いたします。

〔シリーズ表彰〕
・シリーズポイント集計によるシリーズ表彰等は行いません。
G6ジムカーナフェスティバルで大抽選会を行います。

〔注意事項〕
・パドック内は完全徐行です。
・パドック内でのスタートテスト・ブレーキテスト・急加速等は厳禁とします。
・競技中は主催者の指示に従って下さい。
・競技中の飲酒は厳禁とします。
・各「注意事項」を守らない方は、参加費を返還することなく即時退場していただき、その後のG6関連イベントへの参加を全て拒否いたします。
・慣熟歩行は徒歩とし(ドライバー以外も同じ)、いかなる乗り物も許可しません。(身体障害者用の車イスは除く)

〔その他〕
諸規則の変更及び解釈等に関しては「G6ジムカーナ運営委員会」が行います。